上がりやすい中古ドメイン

このドメイン取得基準で取得したドメインはログサイトでほぼ上がりやすい基準ですが、飛びにくいわけではないのでちょっとした起爆剤程度でお願いします。

ドメインが振り分けされログサイトを作る時に必ずしていることです。
今回は中古ドメイン屋さん、ゴーダディーでまだ取得されていないドメインを参考にしてます。

上がりにくいドメインの特徴

例:imusicdaily.com

まず、インデックスがされているのを確認
imusicdaily

次に「.com」を省いて検索。.comを省いて検索するとドメインがどこにもいなくなった。
imusicdaily

imusicdaily

なぜこういった作業を行うかというと、ペナルティを受けたサイトは上がっている時は、.comなどを省いて検索しても1位にいたのに落ちたら検索してもいなくなるようなことが起きるからです。

上がりやすいドメインの特徴

ahrefs.comで過去にはられたアンカーテキストを調べて再度アンカーテキストをgoogleで検索。

  • http://wearevirginiaveterans.org/
  • アンカーテキスト:virginia wounded warrior program

  • http://www.guerrypratimages.com/
  • アンカーテキスト:guerry & prat images

  • http://rvtoyoutlet.com/
  • アンカーテキスト:rv toy outlet

    全て1位にいると思います。これが上がるドメインの特徴。
    過去にはられたリンクが今でも生きてるリンクだと判断できるからです。

    上がりやすいドメインの特徴~更に明確なサイン~

  • http://serviceleaverswales.co/
  • 「.co」を外して検索。
    serviceleaverswales

    serviceleaverswales

    【6/2追記】↓
    lyonartsupply.com  lyonartsupply

    mm

    ナレッジグラフが表示されるドメインは上がるドメインの明確なサイン。

    デメリットとしては、こういったドメインでガチログサイトを作ってもアップデートがきた時ナレッジグラフの情報が優先されるので落ちやすい。

    まとめ

  • ドメインがインデックスされているか確認する
  • 「.com」「.net」など省いて再度検索し1位、もしくは3位以内にいるか確認
  • ahrefs.comで過去にはられたアンカーテキストをgoogleで検索し1位、もしくは1ページ以内にいるか確認。
  • 全て条件が揃ったドメインが上がりやすいドメインの特徴です。

    ドメイン取得前にこの作業が可能であれば効果的だと思いますが、個人的な見解ですがゴールデンウィーク期間中にあったアップデートで中古ドメインが狙われ、2ヶ月前はこのようなドメインがたくさんありましたが現在は少なくなっている印象です。